« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月

友愛演説

| | コメント (5)

理念先行

  「平和賞は具体的業績だけでなく、目標達成に勢いを与える
   ため贈られることもある」

               第44代アメリカ大統領バラク・オバマ

 
こんにちは。初代総長ジョージ・リークツです。
ノーベル平和賞の“成果なき受賞”は、画期的で偉大な出来事だと思います。

「理屈」が評価された、素晴らしい文化革命の歴史的瞬間に立ち会えた気分です。

今後、コペルニクス的転回・パラダイムシフトが起こるのではないか、みんなの価値観が変わっていくのではないかと希望が持てました。

現状、我らがJM団でもなかなか意見を言わない人がほとんどですが どうか言ってください、正しいことを。

そもそも平和という概念自体、人間が理性によって智覚したものであり、何も観測や調査によって発見された具体的なモノやコトではないはずです。

だから正しいことを言って、何ら恥じる必要は無いのです。
バカにする人が間違っている、損をしているのです。

ある会合で、発達障害の当事者として発言することになったアスペルガー症候群の青年が、「今関心のあることは何ですか?」との質問を受け、「倫理です」と答えました。

もちろんインタビュアーは面食らいました。 でも私には、彼の気持ちがよく分かるのです。

私たちは本来、理性ある“人間”なのであって、現実という外部条件に順応するだけの“動物”とは違う。

行動力のある人間や、スキルの高い人間だけが知的なのではない。そういう人は知能が偏っている分“知的じゃない”とも言えるのです。

正義やモラルを求める声が一層高まることを期待します。
JM団は友愛精神をもって世界平和の実現のために活動します。

| | コメント (7)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »