« 家事IQ | トップページ | 知能をつなごう »

ジヘー・セラピー

リークツです。

下級会員のハッブルさんから貴重な情報をゲットしました。

 
>自閉症などの子どもには、イルカと
>一緒に泳ぐセラピーがありますよ。

 
ま、マジかよォー!! そんな福祉サービスがあったとは!

オデもイルカと泳ぎたい。
これぞ “イルカに乗ったオッサン” だぁ~! v(-o-)v イエーイ♪

 
…さて、どこに申し込めばいいのかな!?
 

|

« 家事IQ | トップページ | 知能をつなごう »

発達障害当事者活動」カテゴリの記事

コメント

http://meme.cocolog-nifty.com/kirakiraguruguru/2004/06/post_2.html

イルカセラピーって、アスペエルデの会がよくやってるような。。

昔の話ですが、べらぼうにお金高いって聞いたことあります。

アニマルプラネットというスカパーの
チャンネルで、アスペルガー青年と
小鳥さんのストーリーがあったのですが、画像が見つかりません。

投稿: アスラ | 2008年8月16日 (土) 20時46分

>べらぼうにお金高いって聞いたことあります。

やっぱし! ハッブルめ、いい加減にしろッ
アスペ・エルデといい、イルカ・セラピーといい、
金のかかるコトばっかり勧めてきやがって!

オメェーの夏のボーナスで払え!
JMメンバー全員を無料で招待しろッ


>アニマルプラネットというスカパーのチャンネルで、

ん? 地上波も見れない人がナゼCS放送を?

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月16日 (土) 21時53分

イルカセラピー、今どれくらいかかるかわかりませんが。

実家が、スカパーでして。実家に帰って観ていたんです。

投稿: アスラ | 2008年8月16日 (土) 22時39分

アスラさんの実家には猫がいっぱい居て、スカパーも観れるんですねぇ。オデなら結婚せずにそのままニートになってるなッ(爆

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月16日 (土) 23時25分

ネットで検索すればすぐにいくつかヒットします。
http://www.jdat.jp/index.html
こちらは年会費、入会費ともに2000円。これが「べらぼう」という形容に当たるのかどうかは個人の感覚によりますが…。
人を批判する前にまず自分で調べてみてください。
会費はともかく、イルカのいる海までの移動のための交通費(船も含む)、装具など、普通にダイビングやシュノーケリングするための装具にもかなりの額が必要になるでしょう。それらがレンタルできるとしても、「タダ」でできるわけではない。

それから、私はオールドニックさんの、「心に傷をおった人のための動物によるセラピーはあるのか」という質問に対して、その一例としているかセラピーをあげたまでであって、オールドニックさんが利用するかなんてことは想定していません。
施設などへの「セラピードッグ(キャット)」の派遣などはボランティアでされているところが多いようですけどね。

投稿: ハッブル | 2008年8月18日 (月) 10時44分

ハッブルさんへ。
批判するつもりはなかったので、ご了承ください。

ただ、支援団体に参加していた頃、
ものすごく高いって
仰っていたのを思い出しました。

投稿: アスラ | 2008年8月18日 (月) 19時06分

>かなりの額が必要になるでしょう。
>それらがレンタルできるとしても、
>「タダ」でできるわけではない。

畢竟、金持ちの子供しかイルカ・セラピーを受けられない。
だから私はイルカ・セラピーなんてバカとしか思えない。


>人を批判する前にまず自分で調べてみてください。

いや、「べらぼうに高い」という証言があったのも事実であります!

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月18日 (月) 23時26分

総長へ
まぁまぁ、落ち着いて...。
アニマルセラピーとかやってるデイケアとかあるといいですよね。
私の病院では行われていないのですが、
一般の精神障害者の人と分け隔てなく
楽しめそうですね。

投稿: アスラ | 2008年8月19日 (火) 00時29分

>畢竟、金持ちの子供しかイルカ・セラピーを受けられない。
だから私はイルカ・セラピーなんてバカとしか思えない。

私の「商業主義」への疑問を思い出してください。同じことですよ。
あなたの主張は「金さえ出せばなんでも手に入る世の中ってすばらしい」ではなかったんですか?

理学療法や言語療法、作業療法など、体系が確立していて、リハビリなどの一手法として医学会でも取り入れられているような「療法」に比べ、いわゆる「なんとかセラピー」というものはまだ研究段階で効果も実証されていず、認知度も低い。
他にも「お化粧セラピー」「ダンスセラピー」など、なんでもセラピー化しています。
そういう活動にはもちろん国家資格を持ったセラピストがいるわけではなく、個人または小集団でボランティア的に活動しているところがほとんどです。
病院や福祉施設、老人施設など、需要は多いかもしれないけど、そういうセラピストを「雇う」予算などないから、ボランティアに頼るしかないのです。

そういうボランティアは、障害児、者、老人など、自分で癒しの手段を持たない人のために、善意で活動している。
癒しが必要なのは障害児者や老人だけでなく、働きづめの私たちもそうだけど、ある程度の社会生活が送れる人なら、自分で癒しの手段を見つけることができる。
ポールポッツを聞いて感動できるオールドニックさんは、わざわざ「音楽療法」を受ける必要などないわけです。

私たちが猫ブログでお互いの猫を「かわいい~」とか言い合ってるのも、一種のアニマルセラピーなわけです。
実際になでたり一緒に遊んだりするわけではないけれど、ネットの画像で、より多くの猫のかわいい姿を見て、仕事の疲れを癒しているのです。

投稿: ハッブル | 2008年8月19日 (火) 22時44分

アスラさんへ
アスラさんが私を批判しているのではないことは理解していますよ。
イルカセラピーなるものが出始めた頃は、「べらぼうに」高いものだったかもしれないですしね。

投稿: ハッブル | 2008年8月19日 (火) 22時48分

ハッブルさん、こんばんは。
お忙しい中、貴重な情報を寄せてくださいまして、
ありがとうございます。


>>だから私はイルカ・セラピーなんてバカとしか思えない。

>あなたの主張は「金さえ出せばなんでも手に入る世の中って
>すばらしい」ではなかったんですか?


そりゃぁ、レジャーや娯楽としての「イルカ○○」があることは、
べらぼうに高くても素晴らしい文化だと思います。金持ちの道楽
であり、自分も将来あんな遊びができたらなと思うと夢いっぱい
であります(-。-)y-゜゜゜

しかるに今回は、弱者や障害者の福祉に関する話だったので、これについては無料でなければ意味が無い!と主張したのです。

私の主張に、何か矛盾や齟齬がありますか?


>障害児、者、老人など、自分で癒しの手段を持たない人の
>ために、善意で活動している。

大きなお世話ですね。 そんなコトより生活を保障しろッ!!


>ネットの画像で、より多くの猫のかわいい姿を見て、
>仕事の疲れを癒しているのです。

そんなコト言われると、なんだかオデたちがバカみたいですねぇ。
踊らされてるみたいで(-_-;)

いや、自閉世界にも書いたが、世の中の多数派は「プロセス派」。
結果よりも過程を楽しむ文化だから、「癒し」だの「コミュニケーション」だのと、物質じゃないコトを欲しがる!

“モノより思い出”ってヤツだ!

キミたちの思考回路は一体どーなってるんだ?
脳に機能障害でもあるんじゃないのか?

診断名 : 変節発達

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月20日 (水) 18時43分

ハッブルさん。
気になったことがひとつ。。

>障害児、者、老人など、自分で癒しの手段を持たない人の
>ために、善意で活動している。

ここですね。いわゆる社会が弱者としている人たちって、癒しの機会がないだけだと思うんですね。手段というのは、方法という意味もあり、弱者の人たちが方法を知らないという解釈にもとれちゃうので、弱者の人たちが
余暇や癒しを求める脳がないっていう風にも捉えられてしまう文章にもあたると思うんですね。

また弱者の人々は、癒しや余暇を楽しむ前に生きていくことで必死なんですよね。生きていくことに必死というのは、一般の人たちが必死ではないと言っているわけではなく、必死で生きていても、余暇や癒しを得るチャンスが転がっている。しかし、分かりやすいように言うと、生活保護の人に「余暇や癒しを励んでしみてください」というのは、無理な相談です。
ドライブに行きたいといっても、車の所有、運転禁止ですし、アロマテラピーのオイルをたくさんそろえて癒しをするとは無理です。(ちなみに、私はアロマの資格は持っていますが、
オイルは安いところで、最小限ゲットしています。)

またボランティアや福祉活動をしている人は、善意でやっていると感じていたら、やってられないと思われます。

私はデイケアでスタッフーさんと接していますが、強い信念みたいなのを感じます。

投稿: アスラ | 2008年8月20日 (水) 22時12分

ジョージリークツ監督さん
>しかるに今回は、弱者や障害者の福祉に関する話だったので、これについては無料でなければ意味が無い!と主張したのです。
私の疑問は、現在のシステムでは、サービスも有料化してきて、裕福な家庭の障害者は多くのサービスを受けられるが、そうでない障害者は必要最低限のサービスしか受けられないところにあります。まあ、同じことです。
前回のそちらのブログでのやり取りではここに引用した内容ははっきりと提示されていませんでしたから。

>そんなコト言われると、なんだかオデたちがバカみたいですねぇ。
踊らされてるみたいで(-_-;)

なぜそのように感じられるのかわかりません。何に踊らされてるのですか?

>いや、自閉世界にも書いたが、世の中の多数派は「プロセス派」。
結果よりも過程を楽しむ文化だから、「癒し」だの「コミュニケーション」だのと、物質じゃないコトを欲しがる!

あなたもイルカと一緒に泳ぎたいと思い、好きな音楽を聴いて癒されているのではないのですか?
それから、「癒し」と「コミュニケーション」がなぜ同列なのですか?
定型発達者であっても、コミュニケーションは「癒し」ではないのですよ。あなたたちの苦手な「雑談」だけがコミュニケーションではない。社会生活をしていく以上、さまざまな人とコミュニケーションをしていく必要がある。苦手な人とのコミュニケーションには定型発達者もかなりのストレスを感じていますよ。

投稿: ハッブル | 2008年8月20日 (水) 22時46分

アスラさん
>手段というのは、方法という意味もあり、弱者の人たちが方法を知らないという解釈にもとれちゃうので、弱者の人たちが余暇や癒しを求める脳がないっていう風にも捉えられてしまう文章にもあたると思うんですね。

そのようにとらえられるとしたら、私の言葉不足ですね。すみません。
そういう意味ではありませんが、私が接することが多いのは、重度の知的障害をともなう障害児者の方が多いので、癒しの手段や方法を「知る機会もない」という印象を受けています。
それから、
>また弱者の人々は、癒しや余暇を楽しむ前に生きていくことで必死なんですよね。
私の経験では、「仕事だけで余暇の楽しみがない人は職業生活が破綻しやすい」ということがあるように思うんです。
私もそうですが、どんな些細なことでも、何か息抜きがないと、毎日毎日仕事だけではとてもやっていられない。
アスラさんはいかがですか?「息抜きなんてしてる余裕もない」生活なのですか?
私にとっては、日々の息抜きはブログです。パソコンに向かったり、こうしてコメントを打つのは肩も凝るししんどいのですが、猫たちの様子を見ていると仕事を忘れられる。
だから、「自閉世界」やこちらには、仕事が立て込んでくると、あまりこれなくなるのです。仕事を忘れたいブログで、また仕事の延長のようなことを読み書きしないといけませんから。

「善意」についても、言葉不足でしたね。私もそういう活動をしていますから。
休日に、報酬もないのに、疲れをひきずってボランティアに出ています。確かに「善意」だけではやっていられません。
なんでそんなことをしてるのかと聞かれても、うまく説明できないですね。なんででしょうね。

投稿: ハッブル | 2008年8月20日 (水) 23時04分

>なぜそのように感じられるのかわかりません。
>何に踊らされてるのですか?

>あなたもイルカと一緒に泳ぎたいと思い、好きな
>音楽を聴いて癒されているのではないのですか?


猫やイルカや音楽を、「癒し」と言ってはばからない
キミたち定型俗物の価値観についていけない…(ーー;)

キミたちは一体、何のために生きてるんだい?


>苦手な人とのコミュニケーションには定型発達者も
>かなりのストレスを感じていますよ。

アイツら、オデとはコミュニケーションとってくれねぇーどッ。

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月22日 (金) 00時47分

ジョージ・リークツ監督さん
>猫やイルカや音楽を、「癒し」と言ってはばからない
キミたち定型俗物の価値観についていけない…(ーー;)

ではあなたにとって、猫やイルカや音楽は何なのですか?

投稿: ハッブル | 2008年8月23日 (土) 17時27分

ご存知の通り オデはアンジェラおばさんのファンなんですが、
以前ミクシィのアンジェラ・コミュを見たとき、「癒されるよね~」
みたいなコトばっかり書いてあって、キモかった。

こーゆー気持ちは、ニヒリストさんあたりなら分かってくれると思います。

正直、ハッブルさんが癒しだなんだとバカなコトを言っているのに
ガッカリしました。

私は、自分の好きなものに接すると興奮しますよッ!

趣味や仕事…つまり「自己実現」は癒しとは対極にあるはずです。

私は自分の趣味・嗜好とは関係無いところで癒されます。

庭に出て風に当たったり、ウィンドウ・ショッピングしてみたり…

おいしいものを食べたり、人と議論したり、お酒を飲んだり…

自分のコダワリに疲れて、ちょっと気分転換にやってみたことが
「癒し」になるのです。

ですから私にとって、イルカと泳ぐのは確かに「癒し」ですが、
猫や音楽は興奮モノなのです!

オメェーら定型俗物には自分の趣味がねぇーだろッ!

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月24日 (日) 00時00分

>ですから私にとって、イルカと泳ぐのは確かに「癒し」ですが、
猫や音楽は興奮モノなのです!

あなたにとってはそうなのですね。「私にとって」という点で話をするなら、猫は仕事や趣味とは関係ないんですが…。私の趣味は「写真」ですよ。

それから、詳しく説明はできませんが、音楽は仕事の関係でよく使うので、これも私にとっては癒しになりません。

仕事は、「興奮する」とはちょっと違いますかね。熱意はありますけど、興奮してると仕事にならない。私たちの仕事は熱意を持ちつつ冷静でないとできない、と思っています。

まあ、「私にとってどうか」なんて、あなたには興味ないと思いますけどね。

この記事のテーマは「セラピー」。セラピーはとりあえず「癒し」と訳されていますから、一般論として「アニマルセラピー」や「音楽療法」の話題をだしたのです。
より詳しく言うなら、方法として確立しつつある各種の「~療法」とは、治療の一環としてなされるようになってきて、そういう場合はもう「癒し」というレベルではなくなってきています。
「療法」というからには、治療目的に沿って手立てを考え、計画的に支援を行います。
理学療法で、マヒした手が動くようになったということと、「アニマルセラピー」で犬や猫を触りたいがために手を動かした、というのは、結果は同じですが、「偶然的な結果」と「意図した結果」という違いがあります。

「セラピー」の訳語として「癒し」があるので、それを使わざるをえない。

一日、熱意を持ちつつ冷静さをもって、フルタイムで働いてぐったり疲れて帰ってきて、その後さらに家事もしなければならない。
仕事も家事も終えて、自分ちの猫をなでて一緒に遊んで、ブログでも他の猫たちのかわいい写真を見てほっとする、それを癒しと言うのが「バカなこと」なのですか?

投稿: ハッブル | 2008年8月24日 (日) 13時45分

ハッブルさんと総長の話が、すれ違っていることに気がついた低脳ちゃんです。

まず、ハッブルさんも総長も相手の立場に立って話していなく、感情的になっていること。

総長の場合、就労したくとも出来ない。
ハッブルさんの場合、仕事をしてぐったりしつつも日々の生活に追われていること。これは、相手を理解する能力や障害からくる不便さを抱えていても、もつべきと思います。
なんでかというと、文体だけでのコミュニケーションには限界があるからです。両者がリアルタイムで話していないから、いろいろ誤解がある。

また、セラピーとは癒しという意味合いも御座いますが、国語辞典で調べると治療、療法という意味がございます。しかしながら、日本国で行われている癒しというのは、治療に繋がっていない。。日本の法律がセラピーなどは、治療にダイレクトに繋がる意味合いをあまり持たせていないからです。私も一応癒しという言葉を使う、アロマテラピーアドバイザーという資格を持っていますが、癒しという言葉は仕事上では使うかもしれませんが、アロマは人の心を潤し穏やかにするくらいの意味合いしか取っていません。

癒しというのは、あまりダイレクトに
人の脳などに働くように日本の法律が実証していない、もしくは癒されても
障害から逃れられない現実があるゆえに、総長はバカなことと書いたのではないでしょうか?

癒しという定義もハッブルさんはばかなこととは思っていない。私はちょっと違うことで捉えている、総長はばかなことと言っている。それは人の考えそれぞれで、バカなことと決め付けられない現状があるかもです。。

投稿: アスラ | 2008年8月24日 (日) 16時28分

アスラさん、私の文章は感情的になっているように読めましたか?
あまりこういうことでは感情は動かないほうです。
でも、「ばかなこと」という表現にはひっかかります。
私は監督さんが、何に対して「ばか」という表現をつかっているのか、確認したいだけですよ。
それが、自分にとって大切に思っていることに対してだったとしたら、改めて反論します。
彼の表現は言葉が少なすぎるので、確認のためのやり取りがかなり必要になるのです。
そのために、監督さんが「就労したくてもできない」という点に配慮する必要はないのではありませんか?
もちろん、私が仕事に疲れていることも気にしてもらわなくてもいい。
私が毎日ハードな仕事をしていることではなく、「そういう毎日の中で、猫ブログでほっとする時間を大切にしていて、それを癒しとしている」ということ、そしてそれを「ばかなこと」と言われたのだとしたら、それは私にとってはとても不愉快なことだということを、最終的に伝えたいだけです。

「癒し」という言葉の定義については、よけいな話題でした。各人がそれぞれ「癒し」をどうとらえているか、ということはあまり大きな問題ではなかったですね。話がややこしくなってしまってすみません。

投稿: ハッブル | 2008年8月25日 (月) 23時30分

最近、いろいろな所でやり取りしてるものでレスが遅れてスミマセンm(__)m

私のハッブルさんへの批判をまとめると、

「かわいい猫や素敵な音楽が単なる“癒し”だと!? この腐れ俗物めッ!」

「定型は何も考えてねぇんだよ! オメェーらに自分の趣味は無いのか!?」

「しょせん個人の遊びに価値は無いと思ってんだろッ!」

…と、このような意味で「バカなコト」と揶揄したわけです。

しかし私は、自分の意見が実は間違っていて、定型の俗っぽい文化に何か隠された正当性があるのではないかと疑い、ハッブルさんからの反論や主張を聞き出したいと思ってこの議論を続けてきたのです。

ところがハッブルさんは他の定型や支援者と同じく私を質問攻めにするだけで自分の文化を説明しない。

ハッブルよ、本当にオメェーはどーゆー了見なんだ!?


P.S.自閉世界の記事『テクハラ文化』のコメント欄にも
    ハッブル批判を書いています。

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月26日 (火) 08時59分

監督さんへ
私の説明を読み取っていないのはあなたの方では?
猫や音楽が「あなたにとっては癒しではないが、他の人にとっては癒しである可能性がある」ということを私は前のコメントで説明しています。
私にとって、猫ブログを見ることが一種の癒しであることも説明しています。
「私の趣味は写真を撮ることである」ことも前のコメントで説明しています。
「個人の遊びに価値はないと思っている」という表現は今回初めて出てきたことです。どこからそう読み取られたのかわかりませんが、そんなことは書いていないしもちろん思ってもいない。

反論を期待されているのならあなた風に表現して書きます。
「自分の価値や感覚とずれてるからって何でも俗物だのバカだの決め付けてんじゃねーよ!何に癒しを感じるかなんて、障害に関係なくそれぞれの勝手だろうが!」

で、こう書いたら、あなたは「みんなちがってみんないい」というタテマエ論にはついていけないとか言うんでしょうね。

あなたはすぐに自閉症者と定型発達者を対立させ、私を定型代表のように批判するけれど、そんな役割は私はまっぴらゴメンです。
私は定型文化全般をここで説明することなどできない。私自身が現在の社会や文化に違和感を覚えているからです。

私個人の文化についてならいくらでも書きましょう。
定型代表としての意見を求められるのなら、私はそれを拒否します。

投稿: ハッブル | 2008年8月26日 (火) 18時50分

>「私の趣味は写真を撮ることである」ことも前のコメントで
>説明しています。

写真についてはハッブルさんの美しい趣味なのでしょうが、
当たり障りの無い“ブログめぐり”で「癒される」などとノタま
っているのが定俗なのです!

そりゃぁ私だって猫ブログを見て癒されることはありますが、
それはあくまで偶発的なコトであり、オメェーらのように最初
から癒されようなんて 思ってないんだよッ!


癒され目的でCD買うなよ! ゾクブツめ!!


…否、キミたちは買うんじゃなくて「借りる」んだったなッ。

      シ ・ ブ ・ チ ・ ン ・ め ・ !


>「個人の遊びに価値はないと思っている」という
>表現は今回初めて出てきたことです。どこからそう
>読み取られたのかわかりませんが、そんなことは
>書いていないしもちろん思ってもいない。

本当に思ってないのかな(ー_ー) …怪しい!


>あなたはすぐに自閉症者と定型発達者を対立させ、
>私を定型代表のように批判するけれど、

その方が分かりやすいでしょ? 自閉がシロで定型がクロ!

素と玄、個と衆、弱と強、陰と陽、善と悪、ハッブルは下級会員!

                (-。-)y-゜゜゜


>定型代表としての意見を求められるのなら、
>私はそれを拒否します。

ムッ! 中途半端な半ジヘーめッ!!
オメェーのアイデンティティーはどこにあるんだ!?

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月27日 (水) 08時14分

半自閉が私のアイデンティティーですよ。
それでなにが悪いのですか。
定型発達者の社会でも違和感を感じ、ここでは自称真自閉の方々に批判される。
もう嫌になってきました。

>写真についてはハッブルさんの美しい趣味なのでしょうが、
当たり障りの無い“ブログめぐり”で「癒される」などとノタま
っているのが定俗なのです!

ハイハイ、私がなんと説明しようとあなたはこう主張し続けるんでしょ。

>本当に思ってないのかな(ー_ー) …怪しい!

ホラ、「思ってない」って断言してるのにいつまでもこうやって主張する。勝手にそう思ってらっしゃい。
「個人の遊びに価値はないと思っている」人間が、他人に白い目で見られようとも蛾の写真を撮ろうと草むらにはいつくばったり、みんなに嫌われている毛虫を飼ったりするわけないでしょ。

こうやって、どんな嫌な意見でも、どんなに疲れていても、読めばそれに答えてコメントを書かずにはいられない。それが私のこだわりです。

こちらはわからないことをそのままにしないで徹底して議論しようとしているのに、質問に答えず、わからなくなったら「オメーら定型のナントカにはついていけない!」と言って議論を放棄しているのはあなたのほうだ。

マジメにコメントを返し続けていることが馬鹿馬鹿しくなってきました。
仕事に疲れて、帰ってからここでコメントを書いて疲れ果てるのはもうゴメンだ。

投稿: ハッブル | 2008年8月27日 (水) 21時03分

>定型発達者の社会でも違和感を感じ、
>ここでは自称真自閉の方々に批判される。
>もう嫌になってきました。

半分定型のあなたは、批判されると傷つくんですね?
否定されると悲しくなるんですね?

私としてはユーモアで、本当にハッブルさんに面白がってもらおうと思って皮肉を言っていたのですが…。

普通ならここで「傷つけてしまって、ごめんなさい!」と謝るところなんでしょうが、私の場合、何が悪かったのか判然としなければ謝る気になりません。

謝らないことについては謝ります。
本当に失礼をごめんさいm(__)m


>>「癒される」などとノタまっているのが定俗なのです!

>ハイハイ、私がなんと説明しようとあなたはこう主張し続けるん
>でしょ。

↑このすれ違いを見てください。

せっかく私が皮肉なやり取りを振っているのですから、ハッブルさんも「オメェーら自閉こそ、ネクラ趣味なんだよッ!!」とツッ込みを入れてくれればいいのに。 気が利かないなぁ。


>「個人の遊びに価値はないと思っている」人間

これに関しては、私が日ごろから不満に思っている多数派独特の
味気ない価値観を批判したくて書いたことです。

ハッブルさん個人については大変面白い方だと認識していました。


>どんな嫌な意見でも、どんなに疲れていても、読めば
>それに答えてコメントを書かずにはいられない。
>それが私のこだわりです。

それは殊勝な心がけですね。善良だ。…しかし!
自閉世界にコメントした、あの捨て台詞はいただけない。

あんなことを言われたら、私はまたも誤解されたまま話し合いを拒否され、また一つ心の傷が増えてしまいます。


>ここでコメントを書いて疲れ果てるのはもうゴメンだ。

私も、他人の無理解や逆ギレに傷つくのはもうゴメンです。

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月28日 (木) 00時26分

ここもしばらくさようならするつもりです。

逆切れではない。自分が限界だからです。
あなたのコダワリは日常生活に影響しないのですか。
ここにコメントをいれずにはおれないのは、殊勝な心がけでもなんでもない、そうしないといられないからだ。
したくない、今日は書かずにいようと思っても、開かずにはいられないし、読めばコメントを入れてしまう。
毎日、通勤を含めて10時間以上を仕事に費やさなければならない生活の中で、いろんなコダワリをルーチンワークに変えてなんとか乗り切っているのに、それを崩す新しいコダワリが出てくれば生活のリズムが崩れて仕事に影響する。

それから、直前のコメントでは「ハッブルさん自身にはどうのこうの…」と、多数派と私とを区別しているように書いていらっしゃるが、その前、前々のコメントでは、私と他の多数派との違いなど読み取れない。批判はすべて私に向けられているかのような書き方だ。それで自分は人を傷つけていないかのように思っているところが甘いのだ。

あなたに批判されることが苦痛なのではない。
あなたの言う「多数派」の社会に私自身は違和感を感じていて、帰属意識は薄い。
それが、さもその一員であるかのように同列に扱われ、「オメーラは…」と一緒くたにして乱暴な言葉を投げつけられる。あなた自身がいくらそんなつもりはなかったと後から弁解してもそのようにしか読めない。

自分ではのぞまない役割を無理やり押し付けられていることが苦痛なのだ。

しかもその理由は「わかりやすいでしょ」私にはまったく無関係な、「あなたが理解しやすい」という理由で。
その理不尽さがわからないのですか。

>せっかく私が皮肉なやり取りを振っているのですから、ハッブルさんも「オメェーら自閉こそ、ネクラ趣味なんだよッ!!」とツッ込みを入れてくれればいいのに。 気が利かないなぁ。

半分でも自閉であるという意識をもっている私が、「オメェーら自閉こそ」などという表現を、たとえユーモアでも使うと思っていらっしゃるんですか。
こんなコメントで、「多数派」と同列に扱われていると言う苦痛がよりひどくなる。

あなたの「ユーモア」については、「商業主義」のやりとりでさんざんお伝えしたはずだ。
あなた自身は「ユーモア」のつもりでも、相手にとっては「花壇を踏み荒らされたようなもの」だということを繰り返し伝えたはずだ。

私の花壇を、何回踏み荒らすつもりですか。

今回の「自閉世界」での「ユーモア」は、ただ踏み荒らすだけでなく、水のかわりに油をまき、岩を投げ込んだようなものだ。
もう花壇はボロボロで、花を植えることはできないくらいのダメージを与えたのですよ。

投稿: ハッブル | 2008年8月28日 (木) 23時24分

うーみゅココログはコメントのRSS配信はないからなぁ。見ないでいた間に気づいたらえらいことに…。m(_@_;)m

何か書こうかなとも思いましたが、あまりの重さに負けました。orz
とりあえず、自閉症におけるコミュニケーション障害というのは、表面上かんっぺきに言葉を操れている場合にこそ劇的な形で表面化してしまうことがあるというかなんというか…。m(_@_;)m

投稿: BUNTEN | 2008年9月 2日 (火) 19時07分

え!? 言葉で説明しちゃマズイの!?

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 2日 (火) 19時40分

いや、言葉で説明しちゃマズイなんて言ってしまったらブログのコメント欄が使えなくなるのでそんなことは言いませんです。(^_^;)

言葉には、文化というか常識というかそういう、言葉にならない情報も乗ります。

日本人なら梅雨の一言で色々と思い浮かぶことがあるでしょうが、砂漠の国とか極地の人には梅雨とは何かという説明から始めなくてはならないでしょう。

ところで、自閉症者の感覚世界は自閉症でない人とは違っていると言われています。感じる内容が違っているのですから、同じ言葉から受け取る情報も異なってくるはずであるにもかかわらず、食い違いの可能性が考慮されるのは相手がガイジンの場合だけで、黄色人種の日本語ユーザー同士だと、"同じ言葉からは同じ感覚を生じるはずだ"という先入観にお互いがだまされてしまい、深刻な食い違いが生じるケースがままある(コミュニケーション障害として表面化する)、ということだと私は理解しております。

(なお、このようなメカニズムにもかかわらず、自閉症者側に障害があるとされるのはたまたま少数派であるためで、少なくとも私は倫理的な優劣のようなことは考えていないと言い訳しておきます。m(_@_;)m)

投稿: BUNTEN | 2008年9月 2日 (火) 21時51分

本当はアスペルガーの方が優秀なんだと主張する者もいますが、どうなのでしょう?

少なくとも定型発達者は不規則な事態にも器用に対応しますが…。

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 2日 (火) 23時53分

どちらが優秀かと言われても、定型・アスペルガーどちらの人も

集団として見た特性より個人差の方が大きい

ので優劣はつけがたいかと思います。

いわゆる"知能"(IQ)を揃えた場合、対人関係にかかる認知は定型の方が有利、それ以外に関してはアスペルガー系の方が若干有利、ではないかと思われます。

>不規則な事態にも器用に対応

"知能"(IQ)レベルが同程度である場合、対人関係の「不規則な事態」(ex.取引先の人が突然怒りだした、など。)には定型者の方が、対機械(ex.パソコンがエラーを出力した、など。)の「不規則な事態」には、おそらくアスペルガー系の人の方が、適切とされる対処を行う確率が高いのではないかと推測します。m(_@_)m

投稿: BUNTEN | 2008年9月 5日 (金) 18時07分

声の調子や表情で察する…。
しかし“文脈”や“相手の性格”から察することは出来ませんか?

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2009年1月27日 (火) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家事IQ | トップページ | 知能をつなごう »