« 知能をつなごう | トップページ | 第一回ジヘー裁判 »

ジヘー・セラピー②

ジョージ・リークツです。

今日の「24時間テレビ」で、障害児がイルカを生で見たいという希望をタレントが叶えてあげるというキモい企画をやっていました。

ハッブルさんとイルカ・セラピーについて(というより価値観について)喧々諤々の議論をやった後だったので、余計に悲しかったです。

障害児や病気の子にいろいろな事をやらせて、その様子をニヤニヤと見守るタレントやアナウンサーの顔を小画面に映し、最後に健常者と同じ作業を何とかやり遂げると、大仰な音楽がかかって“感動のクライマックス”!

健常者本位のエンターテイメント。 障害者は芸をする動物と同じ。

こんな酷い人権侵害を、JMとしては看過できません。
必ず改めさせてやりましょう!

|

« 知能をつなごう | トップページ | 第一回ジヘー裁判 »

発達障害当事者活動」カテゴリの記事

コメント

私もまったく同じ事を考えていました。

24時間テレビとはそういうものだと思っているので、今回のそれは端から見ていないのですが、「頑張る障害者」を見てへらへらしているタレント、視聴者には本当に辟易します。

ああいう薄っぺらなストーリーで泣いたり感動したりする人種ってどういう頭の構造をしてるんでしょう?人を何段も下に見て馬鹿にしてるのにも気がつかず、それが「純粋」な感動だと思ってるなんて。

障害者は番組の趣旨に沿った「障害者」の被り物を着せられて、サーカスの動物と変わりません。本当にそうです。ああいうのを差別と気がつかせずにやり通す技術は相当なもんですね。

みんなあれで障害者がまた一段階成長したり壁を乗り越えたりしたんだ、と思ってるんでしょ?あんなのただの晒し者じゃないですか。

もう言ってもどうにもならないだろうと思ってましたが、あんな障害者に対する侮辱でしかない番組は確かにどうにかしないといけませんね。何から始めたらいいんでしょう…。

投稿: ニヒリスト | 2008年8月31日 (日) 21時11分

為さぬ善より為す偽善。この大義名分で躊躇を無くさせる。不自然に思ってもやらないよりはやった方がいいと。難病を国に認定させる為にメディアに出続けている彼は有効に使っている気がした。本来もっと迅速に国行政が動かないと税金で成り立っている意味がないけど。ただその偽善もオールドニックさんには回ってこないん様ですが。回って来ても偽善なら要らないですか。

投稿: たくや | 2008年8月31日 (日) 21時23分

ニヒリストさんのコメントは本文より詳しいですね!
寄稿してくれたのと同じだ。ありがとう(^o^)丿

たくやさん
>ただその偽善もオールドニックさんには回ってこないん様ですが。
>回って来ても偽善なら要らないですか。

例えばオデがTVに出演して、「はい、自閉症のオールドニックさんが初めてカラオケで歌を歌いました!パチッパチッパチッ」なんてのは御免です。

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年8月31日 (日) 23時18分

テレビはもっと上手い事仕立て上げますよ(笑) オールドニックさんの意に添えば利用はあり?

投稿: たくや | 2008年9月 1日 (月) 00時22分

批判的な意見を言っても許されるなら、利用したいですね。

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 1日 (月) 10時35分

>ありがとう(^o^)丿

いえいえ。

それとあの、オールドニックさん、自閉世界でひどい言われようですね。大丈夫ですか?

逆ギレ、排斥、難癖…。あれはもはや理不尽の域です。

私も何かコメント残そうかな、と思ったんですけどやぶへびになりそうでやめました。

ああいう理不尽で凶悪な集団が猫が可愛いなんて言ってるのは気味が悪いですね…。まあ動物好きが必ずしも優しい人ではないなんて当たり前なんですけど。

にしてもオールドニックさんはああいう人にでもよく食らいついていきますね。私だったらもっと早い段階で嫌になりそうです。

投稿: ニヒリスト | 2008年9月 1日 (月) 11時35分

批判的かぁ24TVは無理そうだ(笑)彼等の幻想を利用するには糞純粋か高等テクが不可欠でしょうから。
またハッブルさんとのやり取りは暫くは相手の意に添って直接やられてはどうでしょう。どんな思いがあっても相手に勘弁してと言われてさらに続けると嫌がらせでしかなくなりますから。

投稿: たくや | 2008年9月 1日 (月) 19時10分

はじめまして。フリードリヒと申します。
普通に、24時間テレビを観て感動した、単純な人間です。
今井絵理子の息子さん見たさにかじりついてみていたのですが、手話やろう者の実態がちっとも紹介されていなくて、そこにはがっかりしましたが・・・

実はウチの息子、自閉です。
今、小学一年生です。
6月に運動会があるまでは、問題なく学校生活を送っていましたが、集団に合わせることのできないウチの息子は、キレてしまいました。
わたくしは、のんびりした彼のことが大好きで
できるだけ彼のペースに合わせて過ごさせてあげたい、彼の生き方を否定したくないと考えています。
やはり、普通学級では無理なのか?と先生に相談中です。

わたくしは知識不足なので、ここにきて
勉強したいと考えました。
よろしくお願いいたします。

投稿: フリードリヒ | 2008年9月 2日 (火) 09時25分

フリードリヒさん、はじめまして。

多数派(?)の方と対話できる機会が少ないので、
とても嬉しいです。


>普通に、24時間テレビを観て感動した、

あぁ、なぜ感動するんですかねぇ???


>できるだけ彼のペースに合わせて過ごさせてあげた
>い、彼の生き方を否定したくないと考えています。
>やはり、普通学級では無理なのか?と先生に相談中です。

ある福祉関係者によると、発達障害児が特別扱いしてもらえるのは学生時代だけで、卒業後はパッタリと支援が途絶えて、ニートになってしまうのが常なんだそうです(-_-;)

学校生活よりもむしろ卒業後・成人後のことを考えておいた方がいいのでは?


>わたくしは、のんびりした彼のことが大好きで

…うぅ、私もあなたのような母親に恵まれていたら、今頃はまったく違った人生を歩んでいたと思います。 厳しく恫喝した母を恨みます。

ご子息が幸せになれますように…m(__)m

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 2日 (火) 19時18分

ジョージリークツ監督さん
はじめまして!!よろしくお願いいたします。

24時間テレビの感動したテンですが
・「みゅうのあんよ、パパにあげる」で、パパが障害の受容をする課程。
・エドはるみの肌がノーメイクでもきれいで、美しい。
です。
わたくしの「感動」とは、うすっぺらです。

発達障害児は、守られるのは学生時代までなんですね。貴重な情報ありがとうございます。
何も知らなくて、とまどってばかりなのです。
ここはとっても親切なのですね。

ジョージリークツ監督さんのお母様は
激しく恫喝していたのですか?
それは、お気の毒・・・
お母様が今、この時からでも
ジョージリークツ監督さんのこと、理解しようと努力してくれたらよいですね。

わたくしも、自分の息子の良き理解者になれるよう努力したいと思います。

投稿: フリードリヒ | 2008年9月 2日 (火) 22時21分

ネガティブなことを言うと嫌われるかも知れませんが…

家族が理解したとしても、社会が理解しないという問題があります。

ご子息が成人した後でも昼間家にいるようなことがあれば、近所の人や出入りの業者から「あの家にはプータローがいる」と冷たく白眼視されます。そういう事例を実際に見ましたし、私とて近所の人からどう思われてるか分からない…(ーー;)

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 3日 (水) 00時00分

いえいえ!ネガティブなことこそ、知りたいところなのです!
監督さんは、本当に親切な方ですね!ありがとうございます。

わたくし、息子が大人になった時の心配で眠れなくなることもあるのです。
わたくし達夫婦が、死んでしまった後のことなど・・・。

ウチの息子は、好きなことをしている時
集中力があって、誰も入っていけない状況になります。
それを将来の仕事に生かせてあげたいなぁ・・・
息子を観てると、
自閉って長所に見えてくる。

近所の目についてですが、そんなことはどうでもいいです。
近所の他人より、息子のほうが大切ですからね。

投稿: フリードリヒ | 2008年9月 3日 (水) 00時37分

>集中力があって、誰も入っていけない状況になります。
>それを将来の仕事に生かせてあげたいなぁ・・・

専門を究めてギョーカイ人に成り上がった自閉症者から話が聞ければいいんですが、そーゆー人は大抵カリスマ障害者として多数派に与しており、JMブログに来る可能性は低いです(-_-;)


>近所の目についてですが、そんなことはどうでもいいです。
>近所の他人より、息子のほうが大切ですからね。

そ、そんな優しいことを言っていたら、タダの嫌われ者になると思いますが…(-_-;)

…しかし、殊勝な心がけですね。感心しました。

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 3日 (水) 01時44分

カリスマ・・・そこまでいかなくて良いのですが、最近「チルダ」というパソコンのお仕事を見つけましてね。息子にあってるなぁと感じました。
まだまだ先のことなので、その会社は無くなってしまうかも知れませんが、似たような内容なら出来るかも知れないと思いました。
地味な仕事で、自宅でできるので。
カリスマ障害者になって、もしいじめられたとしたら恐ろしいので、できればそう言ったモノがよいのかと考えました。

嫌われ者?
そうか・・・もし、近所の人を大事にしていないと、近所の人に感づかれたら、まずいですかね?
息子に対して悪影響であれば、改めなければいけないですね。
アドバイスありがとうございます。

投稿: フリードリヒ | 2008年9月 3日 (水) 08時48分

久々の投稿ですm(_ _)m
こんばんは、ジョージ・リークツ監督様!!!


日和も最近、ytbの『24時間テレビ』に疑問を持っていましたm(_ _)m


『24時間テレビ』自体は好きなすが、

●『障害者』にスポットを当てている点

●それによって
『同情』や『感動』を得ようとしている、
番組のやり方考え方

賛同できません。

【理由として…】

健常者の人→障害者の人を上から目線で見て、

●同情したり、
●見下したり、
●安心感を得ている

ようにしか、
思えないからです。

障害者の方目線よりも、健常者の立場で報道している…気がします。

『こんな障害を持っている子でも頑張ってるんだ!あんたも頑張りなさい!!!』


『こんな障害を持って可哀相ね』


『こんな障害を持っている子も頑張ってるから、私も頑張らなくちゃ!!!』

『大変な病気なのね』

番組を観て、誰もが一度は、口にするor心の中で感じる言葉…

これこそが、
一種の【差別】のように思います。

また、ボランティアのような番組といいながらも、
芸能人の方へギャラが発生します。
おかしなことです。

募金のお金いくらかが、芸能人のギャラになるのでは…
と思うと、ますます矛盾でまりません。


それとは今、流行の番組【クイズヘキサゴン】も番組の種類は違えど、
同じです。


自分より下の人を見て、
●見下したり、
●馬鹿にしたり、
●笑ったり、
●この人達よりはマシだ とか、

そうして、優越感に人は浸ります。

ある意味、いじめに思えてなりません。


投稿: 心日和♪ | 2008年9月 3日 (水) 11時15分

フリードリヒさんへ

みんなとの折り合いをつけるのは非常に難しく、ほぼ不可能なことのように思えます。

ご子息が成人されるまでにはまだ時間がありますので、今のうちから世間を啓蒙しておき、折り合いをつけなくても異文化が許容される優しい社会を作っていきしょう!…というわけで、息子さんとご一緒にアバンギャルドなJM会員になりませんか? テヘヘッ(*^。^*)


心日和♪さんへ

どうも、お久しぶりです!

健常者の“上から目線”が特にイヤラシイのは、善意を装ってるからだと思います。

同じ“上から目線”でも「俺たち強い健常者が弱い障害者を養ってやるぜ!」とハッキリ言ってくれれば罪はないと思うんですが、口先だけで「みんな違って、みんないい」とノタまって、建前上は“対等”ということにしておき、本音は“上から目線”で見ているのに養わない!

クイズヘキサゴンの低知能者については、
その実、ヤラセかも知れませんよ(-_-;)

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 3日 (水) 13時16分

監督さん
わたくしは、自閉的な世界観がまだなにもわかっていません。そんなわたくしでも、勧誘して下さるなんて、光栄です。ありがとうございます。
会員見習い?ってところでしょうか?

てはじめに、ここの記事を少しずつですが、読ませていただいております。
わたくしは、頭が悪いので、飲み込みにくい部分が多々ありました。
わからない部分を一つずつ理解していくことが
今のわたくしの課題のようです。

今のわたくしは、未熟な多数派?なんだろうか・・・
勉強せねば!!がんばります!

投稿: フリードリヒ | 2008年9月 3日 (水) 20時11分

がんばってね(-。-)y-゜゜゜
          ↑
       上級会員

投稿: ジョージ・リークツ監督 | 2008年9月 5日 (金) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知能をつなごう | トップページ | 第一回ジヘー裁判 »