« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

発達障害関連の 記事  や  著書 のご紹介ページ

━━━━━━━━━━━━━━━

 ご挨拶 happy01

━━━━━━━━━━━━━━━

発達障害に関する記事 memo  や  

【 発達障害に関する書物 book について

shine紹介shineするページです。happy02

該当するトピがなかった為、

作成させていただきます<(_ _)>

皆様も、オススメのものがあれば、

是非、こちらへ、ご紹介くださいhappy01notenotenote

danger   管理人さん、不適切でしたら

 削除願います)

━━━━━━━━━━━━━━━

book 今回のご紹介コーナー book 

━━━━━━━━━━━━━━━

※※※※※※※※※※※※

【 発達障害に関する記事 memo  】

※※※※※※※※※※※※ 

雑誌名:ビッグイシュー

価 格: 300円

公式サイト(PCのみ)

http://www.bigissue.jp/

販売日:95号 5月15日より販売

特 集 :「発達障害」は個性にできる 

内容

1:学習障害(LD)について

→ LDは「違いを学ぶ」ことで、こえられる。
  「Learning Disabilities」から「Learning Differences」へ
   上野一彦さんに聞く

:注意欠陥多動性障害(ADHD)

 ダメな自分を受け入れ、許してあげる。
   まわりに助けを求め、助けを借りながら上手に暮らしていく。
      ― 袋居司さんから「ADHD」の人の生き方提案

3:アスペルガー症候群=自閉症について

 幸せな生き方へ。まず長所、得意なことを伸ばす
  ― 自閉症者の可能性を開くために。

  森口奈緒美さんから社会へのメッセージ

※※※※※※※※※※※※

新しい号が販売されている場合は、

販売員の方にお尋ねすれば、

販売してくださりますhappy01note

詳しくは、ビッグイシュー公式サイト

こちらを↓↓↓

http://www.bigissue.jp/latest/index.html

をご覧下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━

ribbon 紹介者からのメッセージ ribbon

━━━━━━━━━━━━━━━

みなさんは、「ビッグイシュー」 という

雑誌 book をご存知でしょうか?

お名前だけでも、聞いたことがある方も

多いかもしれません。

「ビッググイシュー」とは、

ホームレスの方に仕事を提供し、

shine 自立を促進するため shine に作られた、

雑誌 book です。

ホームレスの方のほとんどは、

impact働く意欲impact が強く、

「ホームレスから脱却したい」

「自立して働きたい」と

思っていらっしゃる方が多いそうです。confident

それは、発達障害を持つ、

私たちにも、共通していると

思います。

この雑誌を販売して、

収入 dollar を得るることで、

ホームレスの方は、

仕事を得ると同時に、ホームレスから脱却し、

の仕事へと繋げよう goodと、

日々、一生懸命sweat01働いておられます。

今回の特集には、「発達障害」が

取り上げられていたので、

shine 紹介 shine させていただきました。

「発達障害」は、今や、

流行ともいえる、障害になりつつあります。

私の掛かりつけの主治医の先生に

この記事 memo を見せたところ、

「このような雑誌 book にも

取り上げられるようになったということは、

それだけ、今、 flair注目flairされているということ。

すごいですね!!!! 」

と、驚かれていました。

また、主治医の先生曰く、

記事に取り上げられている方々は、

どの方も、業界では、

shine 有名な方shineばかりだそうです。

私も記事を読むことで、

色々と為になったり、考えさせられたり、

共感する部分が多々ありました。

フリーペーパーが配られている中で、

1冊300円のという値段は、

少々高く思うかもしれませんが、

十分に shine読み応えのあるshine内容です。happy02heart04

300円が、ホームレスの方の

生活の支えとなり、

300円で 誰かの力に 助けになります。good

(…とはいえ、300円は結構、大きいですが…coldsweats01 )

「発達障害」という、

私たちにとっても、身近な存在の内容。

また、購入した時の、

販売員さんの笑顔 happy01 や、礼儀正しい姿勢に、

日ごろ忘れかけている

 heart02大切 heart02 な何かが得られる気がします。 confidentshine

是非、みなさんも購入してみては

いかがですか?

━━━━━━━━━━━━━━━

長々と失礼いたしました <(_ _)>

| | コメント (1)

離婚に反対!!

この記事に対し、さる閲覧者の方から削除要請がありました。

>どうか暖かいご配慮をいただきますようお願いします。

とのことでした。ついては本文を削除させていただいた次第です。

A様には大変ご迷惑だったかも知れません。
どうか私の不遜をご勘弁ください。

                オールドニック(ジョージ・リークツ)

| | コメント (2)

ジヘーメーソンの位階制度

「序列はありません」と謳って勧誘しておきながら、実は
ジヘーメーソンには3つの階級が存在する。

 
      1.総長…………IQ85未満の会員

      2.営業マン…… IQ85~105の会員

      3.知識層………IQ106以上の会員

 
以上のような強者が下になって支えるというピラミッド構造である。全体的な制約を取り決める際には必ず、すべての“総長”から許諾を得なければならない。

| | コメント (5)

リンク集の設置

アスラ・セキュリ(ジヘイ・マスター)です。会員さんも増えてきたし、あと、コメントしてくださる方も増えてきたので、(コメントしてくださる方で、寄稿希望の方は、総長か、私にメールくださいね。)
リンク集を作ってみたいと思いますが、総長、作っていいですか?

あと、リンク集に加えたいサイトをコメントに残しておいてくださいませ。会員様。閲覧者様。

| | コメント (2)

発達障害者は大人として認められないのか?

以前から疑問に思っていたことがあるため、

投稿させていただきます。

管理人様、

もし、不適切でしたら、

削除願います<(_ _)>

━━━━━━━━━━━━

* 疑問 *

━━━━━━━━━━━━

発達障害の人は、 

”大人”としては、

認めてはもらえない

のでしょうか???

━━━━━━━━━━━━

就労支援を受ける際、

両親の許可や承諾

必要なのは何故???

━━━━━━━━━━━━

★療育手帳を取得するとき…

★職業センターを利用して

 就労支援を受けながら、

 障害者雇用を目指す場合…

必ずしも, 【親との面談】

【許可や承諾】強いられます。

何故、世間では、

二十歳を過ぎ、認められた

『大人』なのに、

どうして、 何をするにも、

両親の承諾や、

話し合いや面談

両親の支援

必要なのでしょうか?

【発達障害者】大人としては

認めてもらえないのでしょうか?

疑問でなりません。

━━━━━━━━━━━━

何故なのか…?

━━━━━━━━━━━━

★障害者手帳を取得するとき

→→→ 親との面談を強いられます

(理由として…)

本人以外の、第三者の意見が必要とのこと

★障害者職業センターを利用しながら、

 就労支援を受け、

 障害者雇用を目指す場合

 →→→【両親の面談】や【承諾や支援】

     が必要

(理由として…)

1:電話間口で怒鳴られることがあるため

2:何かあった場合、訴えられたりしては困る

  リスクを背負わないため

3:本人にはいえないけれど,

 親御さんになら話しやすい

━━━━━━━━━━━━

(理由)はあくまでも、

支援者さんから聞いた意見を

参考に書いたものです。

━━━━━━━━━━━━

他にもこんな場面で…

━━━━━━━━━━━━

職業センターを利用し、

職業訓練を受ける場合…

さまざまな場面で、

【両親との承諾】【親との面談】

【親の支援】を強いられます。

━━━━━━━━━━━━

私の利用するセンターを例に、

【職業センターを利用しながら、

障害者雇用を目指す場合】

の流れを書きながら、

どんな場面で必要とされるか

を挙げていきます。

━━━━━━━━━━━━

職業センターを利用しながら

障害者雇用を目指す

主な流れ

━━━━━━━━━━━━

1:担当のカウンセラーさんとの面談

→主な障害や症状、生育歴などを

 詳しく話す

2:職業適性検査を行う

→筆記テスト・動作テストを行い、

 自分がどのような職業に向いているか、

 適性検査を行う

3;職業適性検査の結果説明と話し合い

→職業適性検査の結果の説明を聞く

→今後の方針について話し合う

※※ MEMO ※※

センターを利用して、

障害者雇用を目指すには、

2ヶ月間ほど、『職業訓練』を

受ける必要があるとのこと

(両親の承諾が,必要)

4:職業訓練を受けれるか

 判定会議が行われる

→希望者が多いため、

 職業訓練を受ける人の

 選考会が行われる

(条件)

・障害者雇用を目指している人

・両親の承諾、支援が受けられる人

5:職業訓練を5日間体験

danger必ず、両親の承諾が,必要)

→正式に訓練を受けれなかった人

→職業訓練を2ヶ月受けれるか

 などを判断するため、

 体験を受けてもらう

6:正式な職業訓練を受ける

→障害者雇用を目指すべく

 2ヶ月間、【職業訓練を受ける

danger両親の承諾が,必要)

※※MEMO※※

★訓練内容★

1日目:開会式(オリエンテーション)

danger親子揃って参加する)

2日目:(午前)講義

(一般常識を学ぶ)

(午後)ボールペン組み立て作業

(忍耐力・集中力・速度などを見る)

→自宅で訓練日誌を記入

※記入後は必ず、

danger両親のサインが,必要)

7:訓練経過を親へ報告

→訓練経過を親へ報告し、

 親と今後の方向性について

 話し合う

danger親の面談が必要)

8:訓練終了

9:訓練就労後、就労が可能か

 センター内で判定会議を行われる

→訓練結果を元に、

 就職活動が出来るか否か、

 判定会議が行われる

10:ハローワークやセンターの方を通じて

  就職活動を行う

danger両親の面談が必要)

自分の得て不得手、

 障害を公表しながら

 就職活動を行う

※※MEMO※※

面接は、センターの方が

同行してくれるとのこと

━━━━━━━━━━━━

私のセンターの場合ですと、

大まかな流れとしては、

こんな感じです。

※※※※※※※※※

今の流れを見ていても、

いくつも【両親との承諾】【両親との面談】

【親の支援】を要する場面がありました。

━━━━━━━━━━━━

例えば…

(つっこみあり(笑))

━━━━━━━━━━━━

1:職業訓練を受けるとき

danger両親の承諾が,必要)

(なんで、いちいちいんねん!!!)

2:職業訓練開校式

danger親子揃って参加する)

(何で、ええ年して、親と一緒に

 行かなあかんの?)

3:訓練日誌を書くとき

danger親のサインが,必要)

(何で、いちいち親にサインとか

 気づいたこととか、書いてもらう必要ある?)

4:今後の方針や経過を報告するとき

danger両親の面談が必要)

(親といちいち、話あって、

 何でも決めていくって…しんどいよ!!!)

━━━━━━━━━━━━

これでは、何をするにおいても、

お仕事を決める際も、

【両親との承諾】【親との面談】

【親の支援】が必要不可欠となります

親の管理下にあります。

センターの方は、

『ご両親の許可がないと、

 うちで、支援を受けるには

 難しいです。』

というばかり…

私は、何とか、親に承諾してもらい、

支援を受けることができました。

だけど、

【成人の(軽度)発達障害】というものは、

最近になってわかってきたことも多いし、

それでなくても、家族や周りからの理解を

得られなくて困っている人が多のが現実。

それなのに…これでは、

★何をするにおいても、

 親に、【両親との承諾】

得なきゃならんのか?

★家族や周囲から理解が得られない人は、

 職業センターを通じて

 支援を受けれないのか???

★家族や周囲から理解が

 得られない人は 

 どうすればいいんや???

と、いう疑問に駆られます。

また 『支援を受けたい人の意思よりも、

    親の意思を尊重するのか?』

とも思えてなりません。

それでは、『自立』から、

遠のくような気がしてならないのです。

時に、例外として、

良い支援者の方に当たった場合は、

両親の許可なしで、

支援を受けれる場合もありますが、

それは、ごくまれのケースです。

いずれにせよ、

『療育手帳』を取得際、

親との面談を強いられます。

それで、つまづき、

困る人も多いようです。

私は思います。

━━━━━━━━━━━━

* 疑問 *

━━━━━━━━━━━━

発達障害の人は、 

”大人”としては、

認めてはもらえない

のでしょうか???

━━━━━━━━━━━━

就労支援を受ける際、

両親の許可や承諾

必要なのは何故???

━━━━━━━━━━━━

軽度や重度、症状や障害に応じて、

決めることは出来ないのかな?と…

━━━━━━━━━━━━

みなさんは、そんな風に感じたことは

ありませんか???

そんな経験をしたことはありませんか???

意見やアドバイスなど、

色々と交換したいです。

管理人様、長文失礼します。

もし、不適切でしたら、

削除願います<(_ _)>

| | コメント (13)

自己紹介と経過報告

初めて投稿します、心日和と申します<(_ _)>

まずは、自己紹介から…

↓↓↓↓↓↓

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

【自己紹介】

★H.N:心日和

★年齢:20代

★性別:女性

《診断名》

・軽度知的障害

・アスペルガー症候群

《その他》

・療育手帳2級取得

・主治医の先生の判断で、

一般就労は難しいとのこと

・主治医の先生の紹介で、

 障害者職業センターを利用中

・障害者就労をするため求職中

《性格》

・おっとり

・優しいかな?

・泣き虫

・打たれ弱い

:・(*>▽<*)ゞ・:よろしくお願いします

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

| | コメント (1)

レインの自己紹介。

レイン・シャオトワでございます。

 あたくし、お医者様からは高機能広汎性発達障害なんて言われております。あたくし自身はあたくしがおかしいのではなく、他の人類の皆さんほとんどが変で、あたくしが正常なのだとおもっておりますわ。おほほ。

こと、お勉強に関しましては、あたくし大変得意でございます。いえ、決して自慢ではないのです。お片づけしたり、道を歩くのに人の100倍頭を使っているので、妙なIQが伸びただけのようなんです。いえ、字を書くとか、筆算で計算するとかは別ですわ。あんな下衆でくだらない作業は、人間の頭を使うべきものではなくコンピューターにさせるものでしょう。

あたくし、お片づけですとか、お洗濯ですとか、お掃除ですとか、そういった雑用が大変苦手ですの。ですからあたくしの家はぐっちゃぐちゃですの。でも高尚な精神はどんな状況にあっても常に向上を求めるもので、たまには気晴らしにかたづけてみよーかなーなんて気になって、がんばってみたりもいたしますの。

どうやら、あたくしの脳には、定型のみなさんにはついている、方向感覚モジュールや、整理整頓モジュールが入っていないようなんです。おかげで普通にお出かけするのも、生活するのも別の脳みそを使って大変な工夫をする羽目になるのです。

ちかごろは時々ヘルパーさんに片付けにきてもらえるようになって助かっておりますわ。

最近のあたくしの悩みはダイエットです。フル回転している脳みそはエネルギーを必要とするので、ひたすらおなかがすくんですが、どうやら食べた分を全部使っているわけでもないらしく体重がどんどん増えてきています。なんとかしなくては・・・

それではまた。ごめんあそばせ。

| | コメント (2)

ping送信について

会員のみなさまこんにちは。初代総長のジョージ・リークツです。

このブログについて相談したいコトがあります。

機関ブログ「ジヘーメーソン~少数派の秘密結社~」は、現在のところping送信(更新通知)の機能をオフに設定しています。

しかし、オンにしようか迷っています。

この機能をオンにすれば、記事を更新したときに外部のデータベースに連絡が行って(ping送信)、検索の対象になります。

つまり、ジヘーメーソンの噂を聞きつけた非会員が訪問してくるコトが増えるわけです。

みなさん、オンにしますか? それともオフのままでいい?

コメント欄に返事を書いてね!

| | コメント (6)

支援者との対話困難

初代総長ジョージ・リークツです。

発達障害者支援センターについて、また差し障りのあるコトを書いてしまいます(-_-;) どうか悪しからずm(__)m

支援者の氏との対話の中で、私は彼の言葉に「あれ?唐突だな、なぜこんなコトを言ってくるのだろう?」と違和感を感じることがしばしばあった。

ひょっとすると氏の言葉には、私が発した意見に対する反感が込められていたのではないか?

たとえば自助グループについて話し合い、これを民主的にやるのか専政的にやるのかを相談した際、氏は唐突に映画『モーツァルトとクジラ』を引き合いに出して「原作者のジェリー・ニューポート氏みたいにカリスマの専制でやりますか?」と私に問うたのだが、この発言には他意があるのではないか?

そこに隠された意味を敢えて邪推してみると、おそらく氏は私が自身のブログで“『モーツァルトとクジラ』に出てきたグループは民主的だったのに”と批判したことに対して反感を抱き、その気持ちを当て擦りという形で暗に表現したのではないだろうか。

これと同じような違和感を、私は氏との会話の中で何度も経験している。

そういえば、ずっと以前の面談でも、私が既存の自助グループを批判して「『モーツァルトとクジラ』の自助グループでは、みんな言いたい放題だったのに…」と苦言を呈したところ、氏は透かさず「主人公はみんなに気を遣ってましたよ。気づきませんでしたか?」と反論した。

私の苦言の意味を汲み取らず、それよりも私が引き合いに出した
具体例の部分的な齟齬を敢えて突く姿勢は、私に対する敵愾心の
表れと考えられないだろうか?

ま、私の意見の矛盾点を不自然に粗探しして責めてきた人は
他にも大勢いるのだが…(-_-;)

氏は見たところ礼儀正しく、物腰も柔らかな“支援者さん”であり、その言葉尻に失礼なところは無い。でも意味の分からないことを言うことがあるので、ひょっとしたら腹に一物あり、私に反感を募らせているのかもしれない。

このまま誤解され続ければ、私は支援センターからも排斥されることになるだろう。

さん、私の批判や皮肉があなたのプライドを傷つけたことがあったなら、それは大変申し訳なく思います。でも私にその気は無かったのです。これだけは信じてください!

“別の意味”や“隠された意図”を読み取ることができない私には、
当て擦りではなく 「あなたは間違っている!」 とハッキリ批判して
もらいたいのです。

これまでのさんからの支援に、私は本当に感謝しています。
その気持ちに嘘・偽りはありません。

次にお会いした折には、どうか腹を割って批判していただきたい思います。

| | コメント (2)

支援センターへの不満

思い出したことがあるので、今一度、発達障害者支援センターの
非協力的な態度を批判します。

支援者サンが言った、我が結社を認めない理由の一つに

「結社の案内状にアノニマス・ネームを使用する(匿名で参加する)規定が書かれていないから」

というものがあった。

コレはおかしい。匿名でやることを案内状に書いていなければ非公認になるの?

全ての自助グループが匿名でやらなきゃいけない法律でもあるのか?

要するに公務員は先例主義なのである。まったく非論理的だ!

アレでは反対のための反対であり、本当はもっと別なところに理由があるのではないか? ジヘーメーソンのどこが悪いの?

| | コメント (2)

コンセプトが理解されない

ジョージ・リークツです。

私が打ち出した「各自の自由で!」という活動方法について、違和感を感じるという会員の方はいらっしゃいますか?

みんなバラバラに活動するというユニークなコンセプトを、
ちゃんと理解してもらえているのか不安になりました。

というのも、件の発達障害者支援センターの人が、結社の案内状に明記されたハッキリとした方向性を読んでも、「わからない、わからない」を繰り返していたからです。

支援者曰く、「心理学的な“集団”とは、みんなが一つの目的を持って集まったものであり、各自の自由では“集団”とは言わなかったと思うが…」とのことでした。

いくらなんでも無理解すぎるのではないでしょうか。先例から逸脱しない事なかれ主義の公務員だからといって、素人の私に「心理学的根拠がなきゃ認めないよ!」というのはヘンです。

これでは専門知識のあるカリスマ素人が結成した自助グループしかプロは認めないぞ!と言っているようなものではありませんか。

極端な例えをすれば、知的障害のある大人たちが、健気にも自分達だけで結成した自助グループなどは、侮られこそすれ決して公認されるモンじゃないってこと。

これこそまさに、私がジヘーメーソン団を通して社会に提起したかった問題そのものです!

知能の低い人でも安心して参加できる“居場所”が、非公認なアンダーグラウンドでしか成立しないなんておかしい!

みんな、どう思いますか?
自助グループの本来あるべき姿とは!?

| | コメント (5)

“お墨付き”をもらうべきか…

「“何かが変わる”というだけで、それがモチベーションになって動ける年齢なんじゃないですかね」  橋本府知事

 

件の発達障害者支援センターが、私たちジヘーメーソンを公認しない理由として挙げたのは次の4つである。

 

①案内状にマイナスイメージの語句があるから

②活動内容や当座の目標が具体的でないから

③「秘密結社」など、危険な薫りがするから

④「批判を展開」されるとウチが困るから

 

4つの理由のうち、2つまで納得できない。

①については、私が「言葉を換えればいいんですか?」と訊ねると「いや、そうでもない」とはぐらかされた。

②については、公認されている他の自助グループでも同じはずである。そもそも自助グループとは素人が自発的に運営するものではなかったか? 具体的なノルマを設定する必要があるのか?

③については、たしかに価値観の違う人が見たら誤解するかも…。

④については、保身に走る公務員…(-_-;)
 (本気で弱者を救済する気があるのか?)

 

ジヘーメーソンの今後のあり方について、みんなの意見を聞きたい。

賛助を得るために敢えて多数派に迎合し、公認してもらうべきか。
はたまた“アウトサイダー”の不名誉に耐えて独自路線を堅持すべきか。

                     初代総長ジョージ・リークツ

| | コメント (1)

早くも暗雲が…

悲しい報告があります。
この会にケチがつきました(-_-;)

私たちのジヘーメーソン団は、発達障害者
支援センターから公認を断られました

      ごめんなさいm(__)m

私のプレゼンテーションが下手だったのか…、
彼らが無理解だったのか…、多分両方です。

他の自助グループはみなもらっている、公的機関からの
“お墨付き”を ジヘーメーソン団だけが断られたのです。

つまり、根無し草になったのです(-_-;)

会員のみなさまには、まず私が交渉に失敗してしまったことを
深くお詫び申し上げます。

私が嫌われるならいざ知らず、会が嫌われる結果となってしまったことを大変申し訳なく思い、切に反省いたしておりますm(__)m

もちろん、退会は自由です。
私や他の会員に承諾を得る必要はありません。

みんな、本当にごめんなさい!!

                      初代総長ジョージ・リークツ

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »